takeb(テイク・ビー)のリッチマンブログ

素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

地球外生命体が「サイバー攻撃」を仕掛けてくるぞ!

おはようございます。

 

たまに宇宙ものやオカルトなお話を記事にしますが、今朝の話題は、宇宙人ネタです!

 

www.takeboffice.com

 

 

www.takeboffice.com

 

 

「宇宙からサイバー攻撃されるよ」というお話ね。

 

この手の話は興味のある人は大好きな話題ですが、宇宙人なんて一切興味なしって方はパスして下さいね…。


2018年2月28日、アメリカのニュースサイト「CNBC」のテクノロジーコーナー「MACH」でとある論文が紹介されました。

 

 

それによると「エイリアンはわれわれの惑星をハックできる」という衝撃的な内容です。

つまり、「地球外生命体」がサイバー攻撃を仕掛けてくる可能性があるというのです。彼らの研究によれば、地球にある天文台が「危険なメッセージを拾うかもしれない」と言ってます。
現代の天文台は光学式の天体望遠鏡を使った観測に頼るだけではなく、電波や電磁波を超大型のパラボラアンテナで受信してそのデータをコンピュータで解析する観測も行っています。そのとき、宇宙空間の向こうから「地球上の全コンピュータをシャットダウンするようなウイルス」が電波に乗って送られてきても不思議ではないと、彼らは主張しているのです。

 

f:id:takeboffice:20180609060114j:image


確かに、地球の天文台が電波を受信しているわけだから、果てしない宇宙空間の向こうにいるエイリアンが自在に電波を送ることは不可能ではないし、地球という存在を知ったからといって、わざわざ宇宙船に乗って地球圏までやってくる必要はないわけで、電波を使ったハッキングの方が効率的だというのが彼らの論文の趣旨です。
また、エイリアンが地球に対してある種の“ウソメッセージ”を送ってくる可能性もあるといってます。「もうすぐ太陽をわれわれの技術で超新星爆発させるよ!」というメッセージを超宇宙生命体が電波に乗せて天文台へ送ってきたとしたらどうなるだろうか? 

 

確かにNASAや各天文研究所はそんなメッセージを握りつぶすかもしれないが、アマチュア天文学者たちがそのメッセージを受信して、世界に拡散したとしたら……? 

 

世界中は当然パニックに陥りますよね。


 さらに、エイリアンたちが地球人をはるかにしのぐテクノロジーを持っていて、例えば「人間の全ての疾病に効く薬の作り方を教えるよ!」というメッセージとともにはレシピを送り込んできたのでそれを作って使ってみたら、実はそれが全人類、全生物を破滅させる「恐ろしい殺人薬」だった! 

なんてこともあるかもしれませんよね。

地球上の生命体を全滅させてから、ゆっくりとエイリアンが侵略してくる作戦ならあり得る方法だと思います。
 
なんだかオカルト好きの中学生の発想のような感じがすごくしますが、論文を執筆した先生たちはもちろん本気です。

こういった危険性を孕んでいるからこそ、「もし地球外生命体からなんらかのメッセージを受け取ったとしても、コンピュータがネットにつながっているのであれば解読などせずに即座に破棄すべし」と論文で強く主張しています。
 
このように「宇宙人」が地球へのサイバー攻撃を試みる可能性があり、それを本気で警告している人々がいます。

その警告が、現実のものになるかどうかは、いまのところ分かりませんが、よく考えてみるとUFOが飛来して攻撃してくるよりは、予想をはるかに超える多能を持っている宇宙人であれば、電波を使って地球をハッキングしようとすることのほうがあり得ることかもしれないと……思ってしまいますね。

 

宇宙や地球外生命体については、実は色んなことが分かってきていますが、公開されている情報はごく一部だと常々私は思ってます。

 

これだけ文明が進化してるのに、宇宙人の真実を語られていないのが不思議で仕方ないです。

 

今日書いたような話は、日々普通に起こっていて「宇宙からのサイバー攻撃」と戦ってる特殊部隊があるかも知れませんね。

 

「中学二年生の夏休み前に思いそうなコト」を考えてしまった日曜の朝でした。