takeb(テイク・ビー)のリッチマンブログ

素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

我が家は「ガトーフェスタハラダのラスク」がお土産の定番となりました。

おはようございます。

今日の話題は「お菓子」の話です。

 

そんなにかしこまった感じでなくて、ちょっとしたご挨拶やお友達のお家にお邪魔する時に持っていく「お菓子」なんですが。。

渡す相手の人数によって個数をうまく組み合わせができて、万人ウケする手頃な「お菓子」って、実はチョイスがなかなか難しいのです。

 

 

デパ地下のお菓子売り場に行くと、あまりにも種類が多すぎて困りますよね。選んでいるうちにどれが良いのか分からなくなりますね。

 

色々と有名どころのお菓子はほぼ買いましたが、結局落ち着くのはこちらです。

 

「ガトーフェスタハラダのラスク」です。

 

 

ウィキペディア先生によりますと!

「ガトーフェスタハラダ」の歴史は、1901年に群馬県高崎市で、和菓子店「松雪堂」として原田丑太郎が創業しました。

太平洋戦争終戦後はパン製造も手掛け、学校給食向けの地元パンメーカーとして事業を展開していたようです。そのパンをさらに菓子として加工した「ラスク」が好評になり、「グーデ・デ・ロウ」というブランドで2000年から発売したこの商品が大ヒットし、洋菓子メーカーとして急成長したとの事です。

 

www.gateaufesta-harada.com

 

全国の有名百貨店に置いていますが、東京では、銀座松屋の地下一階にある本店をよく利用します。やはり人気のお菓子です。土日の休日は行列で少し並ばないと買えないですね。

 

定番のラスク「クーデ・デ・ロウ」に加えて、季節毎に期間限定商品が並ぶので、それを1つプラスすると完璧です。安定の美味しさの「ラスク」は、どんな人にも気に入ってもらえますよ。

 

お土産に迷ったら「ガトーフェスタハラダのラスク」を選んでおくと外れなく喜んでもらえます。是非オススメします。