サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

収入の柱を増やして、可処分所得を増やしましょう!

年収は、いくら?

どれくらい貰っているの?という話をしますが、

 

本当は、実際には使えるお金!

いわゆる「可処分所得」についてどうなのかを押さえないと、状況が見えてこないですよね。

 

「可処分所得」とは、実収入から、税金や社会保険料などの非消費支出を差し引いた手取り収入のことを指します。

 

 

50代からはじめる月5万円副業術 (日経BPムック)

50代からはじめる月5万円副業術 (日経BPムック)

 

 

2011年~2017年までで可処分所得は相当減っているようです。

 

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

 

2011年~2017年までのこの6年間で家族4人を対象にした場合

年収300万円の人で可処分所得が281万円だったのに対して2017年は261万円(-20万円)

 

年収500万円の人で2011年434万円→2017年408万円(-26万円)

 

更に年収1000万円の人で2011年767万円→719万円(-48万円)

 

この6年間だけでこれだけ下がっているというデータがあります。

 

 

その主たる原因は消費税の増加、社会保険料の増加、子ども手当の減少などのようです。

今後、消費税率の引き上げも予定されているので、更に可処分所得は減る一方ですね。

 

 

節約も大事ですが、節約するパワーがあるなら、「収入をあげよう」、「収入源を増やそう」という発想で動き出す方がいいのに決まってます。

 

本業以外に、副業(複業)で年間いくら稼ぐという目標を定めて、即行動ですね。

年内に何をするのかを検討して、2018年明けたら早々に始動できるように、

ここから年末に向けて準備をしては如何でしょうか?

 

先ずは今までの固定概念を変えるために、異業種の方との接触や、企業セミナーやサイドビジネスセミナー等に出掛けて、起業マインドを刺激するのが必須です。

 

自分のスキルを手軽に売れる「ココナラ」から始めるのもいいですね。

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】