サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

忙しいお母さんは、PTA活動をアウトソーシングする時代

PTA活動の仕事は、結構大変なんです。

私も経験がありますが、PTAや子供会などクラブや部活等の保護者組織の活動は本当に大変です。

最近は共働きの家庭も多いので、PTA活動に時間を割くのはとても厳しいのが現状ですよね。PTA活動自体を好きであれば別ですが、大体はできれば避けてとおりたいと思っているお父さん、お母さんが多いのではないでしょうか。

地域にもよりますが、ある順番でルールを作って役員を持ち回りするとか、くじ引きで決めるとか、役員の選出は様々だと思います。

 

PTA、やらなきゃダメですか? (小学館新書)

PTA、やらなきゃダメですか? (小学館新書)

 

 

 

そのような中・・・・

 

 

PTA活動をアウトソーシングする時代だそうです。

以前だったら絶対思いもつかないですが、今は業務の効率化で一般的に企業でのアウトソーシングが当たり前です。PTA活動だって、お金を払ってアウトソーシングしても良い時代なのですよね。たとえば、PTAがシルバー人材センターに子供たちの登下校の見守りを依頼するというケースも増えています。

 実際に、なんでも依頼をうけてくれる業者に、PTA活動をそのものをアウトソーシングをしているという事例も聞きました。

 

昔は「お金を払うより、自らの労働力を提供するほうがいい」と考えるお母さんが多かったでしょう。当時はパートやアルバイトなど、子育て中の母親がしやすい仕事があまりなかったためでしょうね。

 しかし、今は違います。パートタイムの仕事も増え、お母さんたちはみな、PTA活動に費やすそれも、時間で自分がある程度稼げることを知っていますし、フルタイムで男性と同等に稼ぐお母さんも増えています。当然、PTA活動をアウトソーソングするという発想もアリなのです。 
 

PTA活動のアウトソーシング化。。。

色々な意見があり賛否は分かれると思います。

PTA活動をとおして得られる良い面(学校の様子や、地域との交流などなど)はたくさんあります。外部に委託してしまうと、このようなところは体感できずPTAの本来の目的、意義が薄れてしまう事が懸念されます。

お子様をお持ちの子育て世代のお父さん、お母さん、どう思われますか?