takeb(テイク・ビー)のリッチマンブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

「和食」ってユネスコ無形文化遺産」に登録されているって知ってました? あらためて「和食」の素晴らしさを感じましょう!

おはようございます。

takebです。

 

今日から6月ですね。

一年の中で6月は梅雨の季節というイメージであまり良い印象がないんですよね。

まぁそんな話は置いておいて、今日の話題は、

食について!

 

 

みなさん、

日本の食べ物、「和食」って、ユネスコ無形文化遺産に登録されているってご存知ですか?

 

仕事で食文化の事を調べていて、たまたま知ったのですが、

2013年12月に「和食」の食文化というのは、自然を尊重する日本人の心を表現したものであり、伝統的な社会慣習として世代を越えて受け継がれていると評価され「無形文化遺産」に登録されていたそうです。

 

確かに、日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域の多種多様な食材が用いられた料理がありますね。

 

f:id:takeboffice:20180531202444j:image

 

そして、一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。野菜を多く取り入れた動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っているようです。

 

この「無形文化遺産」が後押ししているのか分かりませんが、世界でも日本食はブームになっているそうです。海外の日本食レストラン数は桁違いに増えているとの事です。


また、外国人観光客が訪日前に期待する一位は「食事」だそうです。実に63%も占めていて、そして外国人が好きな外国料理の一位は、なんと!

「日本料理」だそうです。

全体の66%の人が「日本料理」を1番にあげているとのある調査結果が出ています。

 

そういえば、海外ドラマやハリウッド映画にも日本食が出てくるシーンも増え、俳優さんもお箸を上手に使っていますね。


2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催に向けてさらに国内和食市場の拡大が見込まれますので、まだまだ「和食」ブームは盛り上がりそうですね。

 

日本人として、長い歴史の中で、自然との調和を大事にしながら、食材を無駄なく生かしながら受け継がれてきた日本の食文化の「和食」。

その良さをあらためて実感するように、

今日の昼食は、「和食」に決定です!

 

まぁ単純ですが。。