takeb(テイク・ビー)のリッチマンブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

新幹線で「たこ焼き」は食べると怒られます。なぜか「豚まん」は大丈夫のようです。

おはようございます。

takebです。

 

今日は最近よく出てくる新幹線ネタね!

先日、新大阪駅から新幹線に乗る時に、小腹が空いたので「たこ焼き」を食べようと「大阪のれんめぐり」のコーナーにある「道頓堀くくる」でたこ焼きを買ったんですよ。

 

買ってから、ふと見ると。。。

 

なんと!

 

容器に「新幹線に車内および駅構内でのお召し上がりはご遠慮願います」

とシールが貼られているではないですか!

 

f:id:takeboffice:20180524084205j:image

 

 

あのソースのにおいが車内に充満すると、ダメなんでしょうか?

まったく理解できないですね。。

調べてみると串カツの「だるま」やねぎ焼きの「やまもと」も同じルールのようです。車内に充満するにおいを不快に感じる人がいて、クレームをいれたのでしょうね。。

 

それにしては、

 

新横浜駅で売られている有名な崎陽軒の「シウマイ弁当」は、車内で食べてもOKなんですよね!

 

それにもっとにおいのキツイ大阪名物「551蓬莱の豚まん」は、蒸したてホカホカのものを売っていますが、車内で食べるのはダメとは書いていないです。

たこ焼きのソースのにおいより、「551蓬莱の豚まん」の方がはるかに強烈なにおいを発してますけどね!

 

 

なぜ、「たこ焼き」だけが差別されているのか?

ナゾです。。

この理由を知っている方、いらっしゃいますか?

 

その日は仕方なく、車内で食べるのは我慢して持ち帰りました。。