takeb(テイク・ビー)のリッチマンブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

「ひな祭り」といえば、お内裏様とお雛様の配置に悩む!

今日は、「ひな祭り」ですね。

 

女の子の居るお家は、ひな人形の前でひなケーキや、ひし餅を食べてお祝いですね。

住宅事情から最近は、7段飾りが少なくなり、お内裏様とお雛様のコンパクトなタイプが主流だと聞きます。我が家も娘が小さい時は、ワイワイと家族で7段飾りのひな人形を飾りました。

 

 

 

そこでいつも悩んだのが、お内裏様とお雛様の配置です。

向かって右がお内裏様、向かって左がお雛様と、これは固定だと思い飾っていたのですが、ある日、知り合いのお宅にお邪魔した時に見かけたひな人形が、まったくの逆で、右がお雛様、左がお内裏様だったのですよね。。

 

娘がそれに気づいて、「うちと並びが違うよ!」と。。。

 

あれ?これ間違っていたかな。。

 

 

で、調べてみると!

昔の習わしとして「天子南面」の言葉に合わせて、偉い人は南に向いて座り、その時に日の出の方角である東側、つまり左手側が上座とされ、お内裏様は左側ということです。これが古くからの本来の並び位置だそうです。

しかし、昭和初期ごろから東京を中心に逆の配置するようになり、そして、お内裏様を右に飾るようになった決定的な出来事が、昭和天皇が即位された時のようです。

国際儀礼では、右側が上位であることから、昭和天皇即位の礼では、天皇陛下が右側に、皇后様が左側に並ばれました。

この頃から特に関東地方のひな人形業界では、右にお内裏様、左にお雛様という配置にするようになったとのことです。

 

 

関東と関西の違い

伝統を重視する京都を中心に関西では、従来通りお内裏様を左、お雛様を右に飾るケースが多いようです。その結果、

関西では男雛を左に!関東では男雛を右に!

飾るケースが一般的と言われております。

 

 

 まとめ

結果的にはどちらも正解ということなので、問題ないという事が分かりました。

そのお邪魔したお宅は、東京出身の方でした。それでナゾが解けました。

ここでも関東と関西に違いがあるのですね!

 

www.takeboffice.com