サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

またまた韓国発のパニック映画「トンネル」を鑑賞しました。

前回に引き続いて、またまた韓国映画を鑑賞しました。

パニック映画で、タイトルが「トンネル」。。。。

タイトルから、おおよその内容が掴めますが〜

 

 

トンネル 闇に鎖された男 [DVD]

トンネル 闇に鎖された男 [DVD]

 

 

簡単にあらすじを紹介しますね。

自動車ディーラーとして働く、ベテラン俳優の(ハ・ジョンウ)演じるジョンスは、大きな契約を成功して意気揚々と、妻と娘の待つ家へ車を走らせていた途中にトンネル崩壊事故に合い、車ごと生き埋めになってしまいます。

 

なんとか一命は取り留めますが、手元にあるのはバッテリー残量78%の携帯電話と水のペットボトル2本、そして娘のために買った誕生日ケーキだけ。

 

救助活動はすぐに開始されますが、現場の惨状は救助隊の想像を超えるもので作業は一向に進みません。事故対策班の救助隊長(オ・ダルス)演じるデギョンは、塞がったトンネルに侵入するために様々な方法を試みるが、救助はうまく進みません。救助作業の遅れは近隣の第2トンネル完工に大きく支障が生じ、ジョンスの救助とどちらを優先させるかで、世論が分裂し始める……。

 

というお話です。

 

 

感想

ん。。。。

 

評価は分かれる作品だなと。。

 

トンネルに生き埋めになった男の極限サバイバルを期待して見てしまうと、物足りなさを感じてしまうでしょうね。

外部との唯一の通信手段が携帯であり、充電の残量を気にするシーンには、昔の閉じ込め系パニック映画では考えられないシーンです。

物語の後半から展開される国家と全体の利益という壁に、一度は絶望の淵を味わうジョンスですが、それを救助隊長デギョンの勇気ある行動で彼は救われます。

政治家への皮肉と社会問題まで織り込んだので、終盤の展開はちょっと無理があったように感じました。

ラストへの話の運び方が唐突で強引な印象を受けたので、救出シーンの感動が薄れたのかも知れません。

まぁ、この作品の1番は、主人公のジョンスよりも、救助隊長デギョンを演じたオ・ダルスのクスッと笑える味のある演技が印象的でしたね!

 

是非、鑑賞してください!!

とは、オススメはしないです(笑)

 

オススメしない作品を紹介するのアリという事でご容赦ください〜。