サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

日本相撲協会は、真の相撲ファンの事を考えて行動すべき

日本相撲協会、またまた世間を賑わせてます。

先日、貴乃花親方がインタビューに応じた2時間番組を放送したテレビ朝日に激怒しているとのことです。

 

平成三十年度 大相撲 力士名鑑

平成三十年度 大相撲 力士名鑑

  • 作者: 「相撲」編集部
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2018/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

日本相撲協会広報部によると、同番組の放送に際して必要な申請書類が提出されず、無許可のまま放送され肖像権を侵害されたと主張してます。

この番組は、貴乃花親方のインタビュー主体で構成された番組で、協会批判とも受け取れる内容を含んでいたからか、テレビ朝日は無許可で放送に踏み切ったようですね。日本相撲協会は、テレビ朝日に対してクレームを入れたが、「適正な取材をしたと考えている、報道目的であり落ち度がない」と反論されたという事です。

 

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

 

前にも相撲協会のこと、書きましたが。。

www.takeboffice.com

 

これに日本相撲協会は激怒!

日本相撲協会協会は悪質なルール違反として当面は取材拒否の姿勢だそうです。

つまり、テレビ朝日は日本相撲協会から出禁になったという事ですね。

日本相撲協会とテレビ朝日とは、大相撲ダイジェストとかの番組を通じて他局よりは、親密な関係性があるというイメージですが、今回の事は意外でした。当時からの人間関係も希薄になっているのでしょうかね。

 

真の相撲ファンを大切に!

日馬富士の暴行事件から続く日本相撲協会のゴタゴタは、もうお腹いっぱいって感じですね。

真の相撲ファンを悲しませている事に日本相撲協会は早く気づいて、本来やるべき事に注力しないとね。ファンの声がしっかりと届くような仕組みであったり、協会内の改革を外部の人も入れて取り組むべきではと。

「北の湖、輪島、千代の富士」からのファンの1人として、大相撲全体が良くなって欲しいと真に思います!