サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

文書作成能力アップは、「天声人語」の完全マスターがオススメ!

ビジネスマンに必須のスキルは、ズバリ!文書作成能力なのです。

そうなんですよね。報告文書、メール、色んな場面で文書作成スキルは重要で、その質やセンスを問われますね。

 

 

この文書作成能力は、大学では実践に使えるノウハウは教えてもらえません。何故なら大学の先生は、基本的にビジネスマンでなく大学の先生だからです。

色んな文書作成能力アップの著書を読んでも、なかなか満足のいく文書が書けない人に、とっておきの訓練方法があります。

 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

あるベテランビジネスマンから教示いただいたノウハウをご紹介しますね!

 「文章の書き方」を身につけたいのであれば、「書く練習」をするしかありません。それを効率よく行うためには、新聞の長期連載コラムを完全マスターするのです。

代表意的なのは朝日新聞の「天声人語」ですね。

お気に入りのコラムを1本決めてそれを完全マスターしていきます。

そして2ヶ月に1本のペースで取り組んで、年間6本のコラムを完全マスターするのです。2カ月に1本のペースで取り組むのは大変かもしれません。それなら半年かけてもかまわないので、1本だけは必ず仕上げてください。そこから道が開けてきます。

 

 

天声人語 2017年1月-6月

天声人語 2017年1月-6月

 

 

 

「2ヵ月コース」の場合、スケジュールは概略次のとおりです。
このとおり取り組まれることをお勧めします。はりきって急ぎ過ぎると失敗します。ほとんどの人が1~2週間で息切れしてしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①最初の2週間は、朝起きた時と夜寝る前に全文を3回ずつ読む。
(朝晩5分ずつ×2=10分 これを2週間、毎日続ける)

・できれば「音読」と「黙読」を繰り返すといい。
・ただ音読するだけでは記憶に残りにくい。考えながら黙読すると、文章の構成・展開のポイントが見えてくる。
・大切なことは「これをやれば文章がうまく書けるようになる」と信じ、「楽しみながら」読むこと。
・朝晩の勉強は3回読むだけにする。(それ以上やると続かない)

・通勤電車内など昼間に読むのは自由。この時は黙読でよい。

・読みながら「この文章いいな」と思える箇所を探すといい。

・これを2週間続ける。

・最初の2週間は欲張らずに「読むこと」に徹する。書かなくていいです。暗記もしなくていいです。それならできるでしょう。

 

②次に3週目からは、文章の中で「ここはいいな」「この表現は自分の言葉としてまだ定着していないな」と思える箇所をノートに書きながら暗記する。
 (毎日15~20分 これを1週間)

・文章を頭から書き始めるのではなく、自分が「いいな」と感じた箇所(1~2行)だけをノートまたはメモ用紙に書いて暗記する。

・ここで大切なことは、最初の1行からではなく、「自分にとっていいなと感じる順」に暗記する文章を選ぶこと。

・つまり、自分の気に入った断片的なセンテンスを暗記する。

・この時、意味のわからない言葉や書けない漢字については辞書を引いて確認する。

・これを毎日15~20分ずつ行う。

・昼間、電車の中や会社内で、覚えたフレーズをそらんじてみる。会議中にその一文を思い出してみるのも面白い。これができると効果的。

・細切れの時間を使い合計で1日15~20分でよい。1日に20分を超えて勉強してはいけない。続かなくなる。

・最初の1ヵ月はこれだけ(①②)でいい。逆に言うとこれ以上やってはいけない。無理をすると続かないし、楽しくない。

 

③続いて4週目は、「最初の段落」(数行)だけを暗記する。 
 (1回×8分 日に2~3回=合計で20分程度 これを1週間)

・最初の段落に絞って「音読、暗記、考える、書く」を繰り返し行う。数行なので無理なく暗記できるはずです。

・特に、文章の意味、筆者の考え方、書き出しの工夫などを意識しながら暗記する。

・昼間は会社の中で思い出してみるといい。

・3日で暗記できたとしても先に進まず。これを徹底する。ここでも急がないことがポイントです。

 

④5週目は、「最後の段落」(多くは結論部分)を暗唱する。
 (1回×8分 日に2~3回=合計で20分程度 これを1週間)

・最後の段落に絞って「音読、暗記、考える、書く」を繰り返し行う。余裕があれば、③の最初の段落も思い出してみる。

・特に、文章の意味、筆者の考え方、まとめ方の工夫などを意識しながら暗記する。

・昼間は会社の中で思い出すといい。

・3日で暗記できたとしても先に進まず。これを徹底する
 

⑤6~8週の3週間で、いよいよ全文を暗記する。(1日のうちいつでもかまわないので、毎日15~20分取り組む)

・文章の最初から書き始める。

・最初と最後のの段落は一度勉強しているのでスラスラ書けるはず。

・続いて第2段落から少しずつ書き進む。それ以外の部分も、自分の気に入ったセンテンスについては断片的に暗記しているので、完璧でなくても文章が何となく繋がっていくのでは?

・この調子を崩さずに3週間続ければ2ヵ月でひとつの文章が書けるようになるはず。

以上が「2ヵ月コース」です。

 

まとめ

これを1年続け、6本の文章を完全暗記すれば、文章は間違いなく上手く書けるようになります。もし、完了しなかった場合は、それぞれの工程を延ばしてもかまいません。

ぜひ、お試しくださいね。

メタボ対策!燃焼系ボディコース体験【エルセーヌMEN】