サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

食料品業界に特化したオススメのコイン「INS」をご紹介します!

昨日から仮想通貨の相場は暴落で、大混乱です。

12月にボーナスを突っ込んだサラリーマン新規組はどうしてるんでしょう。

ここは、我慢のしどころで気絶放置状態で嵐が過ぎるのを待ちましょう。

資金に余裕があれば、ここが底とみて買い増しです!

資金がない人は、ひたすら「ガチホ」です。

必ず上がる流れが来ますので!

 

さて、暴落のことは気にせず、今日もオススメのアルトコインをご紹介しましょう。

 

今日のオススメは、「INS」というコインです。

 

f:id:takeboffice:20180116221610j:image

 

どんなコイン?

食料品業界にブロックチェーン技術を導入し、消費者とメーカーを直接結ぶエコシステムの構築を目指す目的で作られたコインです。

消費者のメリットとして、

店頭よりも安い高品質な食料品をオンラインで簡単かつ便利に購入できる。供給業者の選択肢は無制限である。

メーカーのメリットとして、

価格設定と価格表記を完全コントロールし、消費者に対する直接的なプロモーションが図れる。高速かつ詳細な顧客からのフィードバックを得られる。

 

基本情報はコチラ

通貨名:INS

通貨単位:INS

公開日:2018年1月

総発行枚数:50,000,000

公式サイト:

ins.world

 

 将来性は?

オンラインでの食料品マーケットは約3,000億ドルといわれてます。大規模な市場を背景に、すでに何百のメーカーが、INSのエコシステムに参加しようと興味をもっているとの事です。

そして一番の強みは、このような食料品業界を対象としたトークンモデルは世界初なのです。要は競合がいないという事ですね。業界トップシェアを取る可能性が大いにあるので、期待が持てますね!

 

まとめ

上場の日に大きく値を下げ、そしてこの仮想通貨全体が下落傾向の中、現在は非常に安値で推移しています。少額でも仕込んでおくのがベストと思われます。

ちなみに、INSの購入は日本の取引所では今のところ扱ってなく、「Binance」もしくは、「KuCoin」から購入できます。