サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

仮想通貨は来年さらに盛り上がります!狙い目は、未上場コインをゲットです!

ビットコインが盛り上がってますね。


先週末あたりから、サラリーマンが冬のボーナスをかなり突っ込んでるという話もあります。

今年の1月頃は1BTCが10万円台だったのに、今は200万円で約20倍ですものね。値上がりのスピードには驚きです。

 

f:id:takeboffice:20171214210111j:image

 

ビットコインの先物取引もスタート

 また12月18日からは、世界最大の金融商品の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所がビットコインの先物取引を始めるとの事ですから、来週以降も目が離せないですね。

 

ちなみに、元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏が開発した未来予測プログラムのウェブボットでは、2018年2月に「1BTC=150万円」という予測でしたが、今年の12月時点でその予想を軽くあっという間に超えてしまったことになりますね。

 

NURO 光にお申し込みでPS4プレゼント!

 

来年の仮想通貨市場は?

来年は仮想通貨市場は、どうなるんでしょうね。私なりに予想をしてみました!

次に大化けする仮想通貨はどれだろう?

 

イーサリアムやリップル、モナ、ネムとかの注目のコインをそれぞれ買って一年後を楽しみにするのもアリですが、
※この辺のコインを押さえておくと、そこそこ資産が増えると思います。

 

狙い目は!?

でも、本気で「億り人」になりたいのであれば、やはり狙い目は、未上場コイン(ICO)ですね。

ICOとは、簡単にいうと「IPOの仮想通貨版」です。
株のIPOと同じように、これからの伸びが期待できる上場前の仮想通貨を購入することができます。

 

IPOとは?
新しく市場に上場する株のことです。
IPO株式投資は上場する前に株を手に入れて、上場日に売ること(初値売り)で利益を得ます。この初値が上場前の価格を上回ることが多いので、人気のある投資方法です。

 

これと同じことが仮想通貨の世界でもおこります。

 

2週間無料でスタート!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic」

 

値動きがスピーディなことが仮想通貨の特徴ですから、値上がりもIPOと比べて段違いです。過去には、仮想通貨第2位のイーサリアムがICO価格の940倍になったり、NXT(ネクスト)という仮想通貨に至っては11,000倍にも膨れ上がった実績があります。

しかもIPOでは、人気の銘柄には応募が殺到するために抽選制度がありますが、ICOにはそれがありません。つまり誰でも参加できるということです。

 

魅力たっぷりなICOですが、見極めが非常に難しいですね。
どの仮想通貨でもあがるわけではないです。


現在、仮想通貨全体で1300以上の種類があります。
そして日々その数は増えていて、そして月に10~30のICOが行われているといいます。

  

見極め方のポイントは、対面セミナーとかでICOに出資すること進めるようなのは、止めておいたほうがいいです。
現在、この手の詐欺的な行為が多く発生していると聞きます。

本当に気をつけて下さいね!

 

まとめ

来年は新たに仮想通貨の世界に飛び込んくる一般人が増えると思います。本当の仮想通貨元年となるでしょう。その分、色々な情報が飛び交うので、振り回されないように、正しい情報を確実に早く掴んで勝負をかけましょう。

 

まだ仮想通貨の口座開設がまだの方は、ココカラ

↓ ↓ ↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin