サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

日本人は『マーケティングベタ』

今日は、まじめにビジネスのお話。

 

 


日本人って結構、仕事や商品というものにヘンな思い込みがあって、

 

『いい仕事をすれば必ず評価される』

『商品が良ければ売れるはずだ!』

みたいなことを考えがちなんですよね。

そういう『価値観』が社会に蔓延してるんです。


日本人は『マーケティングベタ』と思うのですね。

 

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

 

 

 

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

 

 

 

『価値あるもの』を作ったり、
『価値ある仕事』をしたとしても、

相手(マーケット)に伝わらなかったら、
その価値は認識してもらえないんですよね。


実際、日本の企業の多くは、海外で韓国や中国の企業との競争に敗れ、

シェアを奪われていってます。

 

【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

 

最新マーケティングの教科書2018 (日経BPムック)

最新マーケティングの教科書2018 (日経BPムック)

 

 

 

商品力や、仕事の質は高いのに、『マーケティング力(売る能力)』が低いために結局、世の中に質の高い商品やサービスを広められないんです。

 

士農工商』という言葉があります。

 江戸時代当時の武士階級が、自分たちからお金を取り立てる商人を嫌って、社会的に下層に置くシステムをつくって、その『価値観の呪縛』が未だに日本の人たちの心を縛り続けている気がします。

 それは、昔から商売をする能力、価値を伝えて何かを売る能力が、あまり大事なものだと考えられてなかったからなのです。

 

でも、いい商品があるのに、売りたいものがあるのに、『売る力がない』というのは、とても残念なことだと思います。

 

 

大学で教える一般的なマーケティング理論でなく、実際の現場で活躍している講師を招いて、今の時代、これからの時代の中で、本質的な『マーケティング力(売る能力)』を専門的に教える学部の設置が必要ですね。

企業内でも、優秀な人材はマーケティング部門に集めて、その辺のスキルを実践で磨いていく仕組みが必須となります。

 

マーケティングが強い会社は、総じて勢いがあり、先見性に満ち溢れています。

マーケティング力 = 企業力 となりますね。