サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

厳しい残暑が続いているけど、ダイジョブか?日本!

東京は、雨の日が続いていると思ったら、

25日は、気温が35度を超える猛暑で、日本!

大丈夫かい?って感じですね。

 

午後7時でも30度を超えていて、

夜間でも気温が

下がりにくく、

お昼は猛暑日

夜は熱帯夜と厳しい日になりました。

 

熱帯夜 (角川ホラー文庫)

熱帯夜 (角川ホラー文庫)

 

 

熱帯夜

熱帯夜

 

 
 
厳しい残暑の原因は

暖かい空気ばかりではありません。

夜間に気温が下がりにくいことも

大きな要因です。
 

 東京の猛暑日は2日ですが、

熱帯夜は15日もあります。

 

 時間イメージで暑さを例えると、

 

猛暑日が瞬間的な暑さだとすれば、

熱帯夜は、持続的な暑さを示していますね。


気象庁によると、

1996年から2005年までの10年平均で、

東京の気温30度以上の合計時間は

一年間に345時間、20年前と比べると1.5倍に

増えているそうです。

 

さらに、大阪では400時間、

名古屋では360時間を

超えるといいます。

 

夜間の気温が高くなりやすいのは

コンクリートの建物や

アスファルトが昼間、太陽の熱を吸収し、

夜間に放出するのが原因で、

日が暮れてもしばらく、

気温が30度を下回らないことは

珍しくありません。
 

暑さにさらされる時間が長くなればなるほど

身体への影響が大きくなるでしょう。

 

最近、暑さに弱くなったと感じるのは

年齢のせいばかりではないかもしれません。

 

明らかに地球が変化しているのです!