サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

人はなぜ食べるのか!

今日の話題は「人はなぜ食べるのか」という内容です。


「人はなぜたべるのですか」と医者に聞くと
「肉体の発達と維持のため」と即座に答えるでしょう。

 

発達期にあたっては成長に欠かせない行為であり、

青年期から老年期に至るまでは

健康な体を維持するためというわけです。

 

しかし、私たちは「食」に栄養やその働きだけを

期待しているわけではありません。

 

生後100日目ごろに、子供が一生食べものに

困らないようにと親が行う「お食い初め」から

はじまって、私たちは一日に主食として三食、

さらには、間食やおやつを口に

しながら人生80年とすれば、

口が入る食は146,000回に及ぶそうです。

 

 

 

 

しかし、「食」にかけるこの膨大な時間は

人生にとって、とても貴重な時間です。

「食」に費やす貴重な時間は、私たちに

人生の奥深さや、

人とのつながりの大切さ、

自然の恵みのありがたさ 等々・・・・、

 

いろいろなことを教えてくれ、

それらを通じて

豊かな人生をもたらしてくれます。


だからこそ、一回一回の食事は美味しいもの、

好みのものをおいしくなるシーンで

食べることが必要なのですよね。