サラリーマンがリッチマンになるブログ

複業や投資にチャレンジして、 会社の制度に頼らない「働き方改革」を実践し、 素敵なライフスタイルを極めようと日々進化中です。

サラリーマンは「V・S・O・P」

今日は休日、まったりとカフェでブログの記事を書いたり調べものをしたりしてます。

 

サラリーマンの年代別の姿を面白い例えで、

表現したのを思い出しましたので書きますね。

 

サラリーマンは「V・S・O・P」

バイタリティーの20代、

スペシャリティーの30代、

オリジナリティーの40代、

パーソナリティーの50代。

 

20代はバイタリティー。何にでも挑戦をして多くの

失敗や成功の経験を積んでください。

その中から自分が好きなもの、合っているもの、求められているもの、

飯のタネになるものを見つけて下さい。

それが30代で磨くべきスペシャリティーになります。

 

30代はスペシャリティー。仕事の範囲を絞り込んで自分の

専門分野を作ってください。

その時どの会社でも通用する労働市場を意識するとよいでしょう。

自分の強みはこれだというものを確立して下さい。

その専門分野を広げ、複数持つことで40代で

オリジナリティーへとつながります。

 

40代はオリジナリティー。自分の持つ専門分野を広げて、

関連づけて、それをバックボーンに会社内で地位を確立し。

会社にとって「代えの利かない」社員になりましょう。

また、その地位でマネジメント能力を磨き、

50代で求められるパーソナリティーを向上させましょう。

 

50代はパーソナリティー。あの人に言われたら信じられる、

あの人に頭下げられたら、しょうがない。

あの人が率先してやっているんだからついてゆける。と

多くの若手に言われるような、社内で敬意を払われる存在を

目指しましょう。そうすれば、

引退の時には多くの花束と涙が待っています。

 

なかなか本質をとらえてる

面白い例えでしょう!